あぢ~~(^^;)あぢ~(^^;)あぢ~~(^^;)

もう勘弁してほしい、この暑さ。

朝晩は多少涼しくなったというものの

それでも日中は30度を軽く超える。

「お盆をすぎれば涼しくなる」はずの関東も
今年は全く涼しくならず


毎日天気予報の熱中症予報で
「危険」という表示がされており(^^;)
「水分をとりましょう、外出を控えましょう」
と何度も何度もキャスターさんが言っています。


この残暑いつまで続くんだろう。

もうすぐ学校が始まるというのに・・・

ニュースでは「彼岸あたりまで続くでしょう」だって・・

焼け死にそうです。



親としては、こどもたちが心配だ。

特別支援学校にはあるのかもだけれど
(あ、でも地域によって学校によって違うのかな?)

一般の小学校の中にある特別支援学級には

一般的に冷房設備は存在しない・・・

「無理しないでエアコンをつけましょう」
ってキャスターさんたちは言っておりますが

そもそもエアコン自体が存在しないのです。

校内の温度って・・一体何度になるんだろ~。

うちの息子の通う学校は
我が家よりは緑の多い地域にあるから
多少はましだと思うんですが

でも、自閉症・ダウン症のお子さんのなかには
体温調節が苦手なお子さんもいます。

お友達のお子さんなどは
「暑い場所にいると、体温は軽く38度を超える」
と言ってびっくりしてました。


そんな状態なのに・・・9月は

「運動会の練習」が始まる大事なシーズン(><)

外で練習して、たっぷり汗かいて

また教室に戻っても暑い

特別支援学級のみならず通常学級も

そんな状態ではたして授業になるんだろ~か?

特に5~6年生あたりはさぞかし教室中が
「汗臭く香ばしい香り」になるんじゃないかと(^^;)

考えただけでむさ苦しすぎる・・・
熱中症が続出しそうだ。



それでなくても「運動会の練習」は
障がいをもつ子どもにとってはかなりストレス。

日々の予定ころころ変わるし
行事を楽しめたり、
楽しめなくてもそれなりについていけるお子さんならまだしも
苦手とするお子さんにとっては・・・言わずもがな。

その上にこの暑さが重なっては
心身ともに調子を崩すのは目に見えてるよ~な・・・


とはいっても、学校にエアコンつけるわけにもいかず
練習に参加させないわけにもいかないので

・極力早寝させる
・質の良い睡眠をとれるように気をつける
・ばてないように食べものに気をつける

などして、なんとかのりきるしかありません。


夏休みの宿題も終わりに近づき
昼食づくりもあと少し(^^;)
もうちょっとだ、がんばるど~~~~!!!!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック