非常食を考える。

9月1日が防災の日ということもあり
昨年の大震災のこともあり

ここ数日のテレビにおいては
「万が一のときの非常食」
ってのをとりあげていたのが
微妙に多かったように思います。

備える食料ですが、
以前は「災害に備えて3日ぶん」
っていうのが主流だったようですが

昨年の大震災を受けて
「被害が広範囲にわたる場合には3日で物資は届かない、
10日から2週間ほどの備蓄を」
って感じにこの頃変わってきてるみたいです。


そのなかで自分的に疑問に思ったのが
テレビの画面に

「レトルトカレーとパックご飯」
「カップラーメン」
が、必ず並んでいることでした。

確かに、
お湯を入れるだけ、
暖めるだけで簡単に食べられます。
いざとなったら暖めなくてもなんとか喰える。
便利なものかもしれません。

ただ、これを
「人が大勢いる避難所」で食べることができるのかな?
って思うと、すごく疑問です。

たとえばです、
「とりあえず家族は無事だった
家は潰れてはいないけれど、ひどく傾いてしまってライフラインが止まっている、
とりあえず荷物をまとめて避難所へ・・」

っていう場合。

そこには、
家が潰れて着の身着のままで来ている人が
おそらく大勢いるでしょう、
食料だって、おそらく全然足りないでしょう。

その人たちを前にして自分たちだけ、
「カレーライスを温めて食べる」
「カップラーメンにお湯いれて食べる」

という行為が果たして出来るのかどうか?

皆さんも覚えがあると思います。
外出先でふと鼻をくすぐる
カレーやラーメンのいい香り♪
「あ~、なんだか食べたくなっちゃったな~」
なんていうこともありますよね?

そんな魅惑的な香りのものを
果たして公衆の面前で自分たちだけ食べられるものか???

このような香りの強い非常食は

全員が食べられるだけの数がある
もしくはそれを食べることができるプライベートスペースが確保されている

でないと、難しいと思います。

思うに、
考えられる災害の程度に備えて
いろんな種類の物を準備しておかないと困るのではと思います。

米、パスタ、うどんや蕎麦などは
日持ちはしますし、料理ができればお腹がふくれる有り難い食材ですが
といだりゆでたりしないとです、
水に余裕がないと使えません。

日持ちがし、
なおかつ食べるときに臭いがなく
簡単に食べられるもの・・
栄養ゼリーとかカロリーメイトみたいなものも
ある程度揃えておく必要があるように思います。

とはいっても家が潰れたり焼けてしまったりして持ち出せなかったり
自分が生きてなければ、
どうにもならないのですがね・・・(^^;)



ちなみに皆様、
非常食、って、準備、してますか?

私も人並みに興味をもちまして
ホームセンターで売っている
「お湯をかけるだけで食べられる」系のものを
いくつか買ってみたりしたんですが

試しに食べてみたんですが

正直・・・・あまり美味ではなかった(^^;)

つくりかたが悪かったのか?
それとももともとこういう味なのか?
いまいち不明ですが(^^;)

保存食ばかりに頼らず
普通にスーパーに並んでいるものを
うまく活用したほうがいい場合もありそうかも。
震災でどたばたしているときに
食べ慣れない物はのどを通らないかもしれないしね。


さっきスーパーにいって
お菓子を買ってきました。
いつもよりは、おせんべいを多めに(これももともとは米だし)
お腹にたまりそうなものをメインに。
慣れたお菓子のほうが満足感があるかもです。

これが非常食になる日がなにとぞ来ませんように・・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック